RSS | 感想 | 投稿エッチな話 | エロサイトどっとリンク



|<< < 1 / 1 > >>|

俺はかなり妹をいじめた
遊びについて来た妹がうざくて、
かくれんぼで妹を鬼にして目つむって百数えてる間に
友人たちと別の遊び場所に移動したりもした
妹は親にちくったりもせず、俺にべったりのままだった
俺にいじめられても反撃もせず、ただ悲しそうな顔するだけだった
俺小4、妹小2の時、妹は車にはねられ死んだ

俺は思いしった どんなに妹が好きだったかを
妹の死後俺も病んでしまい、学校に通えない状態だった
そんな折に夢をみた

妹はピーマンが嫌いで、お袋に「食べなきゃデザートなしだよ」と云われても
食えなかったから見かねて俺が代わりに食ったら、
お袋にばれて2人正座させられた時の夢だ
妹「お兄ちゃん、〇子のせいでごめんね」
俺、夢のなかで現実に引き戻される。「こんなことで謝んなよ。俺のほうこそごめんな。お前のこといじめたり泣かしたりして」
妹「お兄ちゃんとは喧嘩したり叱られたりしたけど、いじめられたことなんてないよ。
宿題教えてくれたし、いじめっ子をやっつけてくれたし、あと自転車の乗りかたも教えてくれたよね。〇子、お兄ちゃん大好きだよ 」
俺は夢のなかで意識していた。妹がもういないことを
俺「〇子、どこにもいかないでくれよ」
妹「どこにもいかないよ。ずっとお兄ちゃんのそばにいるから。
それでお兄ちゃんが大人になって結婚したら
お兄ちゃんの子どもに生まれ変わるよ。だから
また逢えるよ」
それで夢は終わった
その夢自体忘れてた
だが今年娘の披露宴でバージンロード歩いてたら
娘から「一度だけお兄ちゃんて呼びたかった。自転車の乗りかた教えてくれてありがとう」



<2021/02/21 08:09 0>消しゴム
|<< < 1 / 1 > >>|



エロサイトどっとリンク | 投稿エッチな話 | 感想 | RSS
まろやか投稿小説すまーと Ver1.00b