エロサイトどっとリンク

オナ禁とヒカキンは似ている

10代のある時期、私は毎日のようにオナニーについ  
て考えていました。自分の手で自分を慰める方法や  
可能性を、ひたすらに模索していたのです。しかし  
、一方で私の中にはオナりたくないという切実な願  
いも確かにありました。その葛藤のなかで、どうす  
ればオナニーに没入する未来を選ばずに済むかを、  
あがきながら思考し、実践しました。

アダルト動画検索(18禁)

↓横スクロールします

水は極力飲まない 水を飲むとトイレが近くなります。トイレに行く回数が増えることは自分の性器を見る・触る回数が増えることです。
エレベーターではなく階段を使う 階段を上り筋肉を動かすことで疲労がかかり寝付きが良くなる効果があります。リフレッシュなど精神面の効果も期待できます。また時間がかかり、その分オナニーに費やす時間がなくなります。出来るだけ階段は一段ずつ上がりましょう。
コンビニに行かない コンビニには異性がいます。異性を意識したとき、オナニーへの肯定がはじまります。
SNSはやらない 気づいてほしい、反応してほしい、見てほしい、そんな風に思ってしまったら、もうオナニーの誘惑から逃げられません。世間や他人がどうであれ、あなたには関係ありません。自分はオナ禁中である、というスタンスを作らなければ、オナニーの誘惑をふりほどけないわけですから、性欲との強いつながりを生み出しすぎる世界には、かかわらない方が無難です。
書類は捨てない 書類を捨てると机の周りがすっきりします。ですが、この「すっきりした状態」が案外危険です。身の回りに生まれた空白地帯は、あなたに新たな行動を要求します。すると変に気分が高ぶって、オナニーをしようともがいてしまったり、心が落ち着かなくなります。
夜は沢山食べる 食欲が薄まってきたら危険水域、オナニーの黄色信号です。充実感は意識だけでは得られない場合が多く、そのため人はオナニーをします。しかし充実感は食べ物で得ましょう。陰茎を大きくするのではなく、胃を大きくしましょう。代替療法です。
性に関する掲示板

性の掲示板

「性」とは人それぞれ。

何千人の人が何千冊の本を書いたところで全ての疑問が解ける訳でもなく「性」の話題は果てしない問いを産む、という意味で奥深いですね。

VR動画・アダルトゲーム